NOS for NetCafe

NOS for NetCafe is designed to protect users who use computer for public use like internet café from malware, phishing and visiting fraudulent sites.
Through a business alliance with TechnoBlood in Japan, NOS is distributed in NetCafe market and helps protect the users from cyberattack.

 

 It encrypts all information input through the keyboard in real time to prevent keyboard hacking and protect your personal information.

   • Real-time key input encryption/decryption
   • Extended E2E encryption support
   • System kernel level keylogging detection and prevention
   • BHO, Window message layer keylogging prevention
   • PS/2, USB, Bluetooth, infrared port support

 

 It protects you from identity theft and data breach by blocking access to all phishing sites that you may accidentally enter.

   • Update phishing site information with real-time synchronization with Phish Tank
   • Warning message when access to phishing site
   • Simple phishing site reporting and registration method

 

 It monitors any suspicious activities that may tamper the system hosts file. If there’s any unauthorized change in the file, it immediately warns users to prevent them from entering illegal sites.

 

 It quickly detects and blocks malicious codes using Inca Internet’s proprietary technology Tachyon.

   • Virus, spyware, adware and malware detection
   • Various file format analysis and variant malware detection
   • Boot, execution process and multiple compressed file inspection
   • Auto-repair function support

Protected Sites

NOS for NetCafe protects trusted websites by registering them.
When people visit the registered websites, NOS for NetCafe will be activated and protect the users’ personal information from hacking and phishing.



※ Registration for site protection is available from the NOS Japan website, and it can be confirmed at any NetCafe branch where NOS of NetCafe is installed in Japan.

 

Sites Protected By NOS (NetCafe?)

  • Game Sites
  • Regular Sites
  • Action
  • MMORPG
  • Browser
  • FPS · TPS
  • Etc
  • Portal / Email
  • SNS
  • Travel / Dine
  • Finance
  • Cards
  • Media
  • Shopping

Threats / Illegal Sites

NOS for NetCafe updates information on illegal sites (phishing / fraudulent sites) in real time, and protects users from accessing illegal sites on the Internet.
◎ Illegal site data is updated automatically every day
We has built a database that has a collection of illegal sites around the world and keep it up to date.

 

◎ Immediate response to new phishing sites
When new illegal sites are found, immediate actions are taken by our response systems to protect the customers from any new phishing sites.

 

Threats

  • Phishing Site
  • Illegal Program
  • Keylogger
  • Host File

フィッシングサイトの危険性

フィッシングサイトとは

フィッシングとは、金融機関や決済の伴う企業を装った電子メールを送り、
個人情報を詐取する行為です。電子メールのリンクから偽サイト(フィッシングサイト)へ
誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われています。
-フィッシング対策協議会より抜粋-

フィッシングサイトによる危険性

フィッシングサイトに接続し、そこで個人情報を詐取されてしまった場合、
以下のような状況が用意に予測されます。
・氏名、住所、電話番号等の個人情報が第3者へ出回り、知らないうちに悪用されてしまう。
・カード番号や暗証番号が盗まれ、気づかないうちに預金が引き出されてしまう。
・あなたの名義でお金の借り入れ等、支払い能力以上の請求が突然送られてくることも・・・
→明らかになったものはなるべく遮断されるようになっておりますが、完全ではありません。

フィッシングサイトの事例紹介

三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシング(2014/10/21)
  • 詳細内容
    本物のようなサイトに誘導され、頻繁に暗証番号が求められるものです。
    一見本物のようですが、暗証番号を盗むタイプのものになりますので、
    入力した情報が仕掛け人にわたってしまいます。
    参照元:https://www.antiphishing.jp/news/alert/ufj20140919.html
Facebookをかたるフィッシング(2014/10/07)
  • 詳細内容
    本物のようなサイトに誘導されるものです。
    一見本物のようですが、フィッシングサイトですので、誤ってログインを試みると
    入力した情報が仕掛け人にわたってしまいます。
    参照元:https://www.antiphishing.jp/news/alert/facebook_20141007.html

Hostsファイル変更の事例紹介

Hostsファイル改ざんよってフィッシングサイトへ誘導される

・Hostsファイルを改ざんし、偽Facebookサイトへ誘導されてしまう。
マルウェア(コンピュータウィルス)に感染した際に、Hostsファイルを改ざんされてしまい、
Facebook公式サイト(facebook.com)へ接続しようとすると、正規のサイトではなく、
Hostsファイルの改ざんで指定された偽のWebサイトへ誘導されてしまう。
この場合、アドレスを確認しても偽サイトか本物のサイトか判別が行えない。

誘導先のページはセキュリティチェックを装っており、クレジットカードをはじめとする個人情報を
詐取する。

-参照元 Security NEXTニュース(http://www.security-next.com/038876)-